治療の流れをご紹介します。治療はとてもシンプルです。
 
 
 
まず、初診時に、現在の身体の状態・病歴・健康のために取り入れていることなど、予診表に記入していただきます。                   身体の状態を診断し治療を行いますが、身体を動かしたりポキポキは一切せずに施術します。「100%安全で痛みもなく自然に矯正されます」
 
 
① ゆったりとしたパジャマ等に着替えます。
綿100%もしくは、絹100%のもので金属類のボタンやファスナーなどの付いていないゆったりとしたパジャマ等の着替えをご用意下さい。 当院にても一応ご用意は致しております。
 
 
② (立った状態で)視診・Oリングチェック
頭部・首の傾き・肩の傾き、身体の重心のズレ(歪みの結果、どちらかの足に体重が多くかかった状態のこと)を観察。また、生まれ持ったゆがみの傾向があります。それをチェックします。
 
 
③ 触診 手足のバランス・頚椎の歪み。
あおむけに寝ていただき、手足のバランス・両足の長短・関節の状態などを調べます。
首の後ろをかるく触診して、頚椎の歪みの方向を確認します。環椎(第一頚椎)、軸椎(第二頚椎)の歪みの状態。
診断はこれでおわりです。
 
 
(治療前)立った状態での視診
(治療前)仰向きで寝た状態での足の長短の観察
 
 
④ 脳幹療法(のうかんりょうほう)
横向きに寝た状態で歪みが自然に矯正される姿勢を首・肩・腰・足まで整えます。これによって「脳幹」が共鳴し脳幹から各器官への電気信号が活性化します。身体の生体エネルギーが活性化されるのです。


この状態で5分~15分間ほど横になっているだけです。誰もが初めて来た時は「ただ寝ているだけ、これでいいの?」と半信半疑です。しかし、この時間に実は脳幹賦活法の一番大切な作業が行われています。施術中に頚椎から胸椎、腰椎、仙椎と矯正されて行くのが実感できる事でしょう。


治療を受けられる方が不調になっている原因、「停滞している脳幹の信号」の流れを全開放させている瞬間なのです。



この結果、歪みが上から下へ自然に矯正され、生命力の源である「脳幹」から各器官への電気信号が滞ることなくスムーズになり、本来の自然治癒力が100%発揮されて症状が改善されます。
 
 
施術中の状態
⑤ (楽な姿勢)休息用ベットに移り、楽な姿勢で休みます。
姿勢の観察、手足のバランス、足の長短、頚椎の状態などなど・・・・。 短時間の間に椎骨が移動した事で、生命力が全開になっています。     その最高の状態を安定させるためにベットにて休息します。
 
 
(治療後)立った状態
(治療後)仰向きでの足の状態
 
 
⑥ 再び姿勢の視診をさせていただいて治療は終了です。
身体中に生命エネルギーが行きわたり、元気ハツラツの笑顔で治療院をあとにされます。
 
 
 
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。